作業台、線引き台(瀧田琇水)

作業台


さて、少し能面を打つ時に使う道具など紹介してみましょう。
これは作業台です。
細長い板の上にのって、台を固定し
板の先についている、小さな台の上に能面を置き彫ります。
これはあら彫りするときに主に使います。
自分の体重で台を支えるので、面が安定してとても彫りやすくなります。
この台の上であら彫りを終えて、細かい作業は手元で持って行います。

この作業台、全て手作りです。

▼続きを読む

2 / 1112345...10...最後 »